どんな時代にも順応してきた東京の老舗3店舗は現在でも高い人気を誇っています。

地域によって異なる!?麻雀のルールや慣習をクローズアップ

MENU

関東の老舗雀荘3選

雀荘のイメージ

麻雀は時代の変化によってプチブームと衰退を繰り返しています。
運営実績が長い雀荘は、どんな時代にも順応してきた証でもあり、現在でも高い人気を誇っている大きな雀荘が多いです。
関東でオススメの老舗雀荘を3つピックアップしました。

 

 

麻雀 八重洲

歴史 開業50年以上
住所 東京都中央区八重洲1-6-19 福清ビル4F
アクセス 各線東京駅八重洲口より徒歩1分
定休日 なし(年中無休)
営業時間 9:30~23:30
URL http://www.yaesu-mahjong.sakura.ne.jp/

 

東京駅徒歩1分にある老舗雀荘です。
東京駅は戦後からも人の集まる地域として普及しています。
その後はビジネス街として発展したことで、東京えき周辺から歓楽街へ拠点を変える雀荘の多い中で麻雀八重洲は変わらぬ好立地物件での運営を続けています。

 

全般的に客層は高くて、ベテラン雀士が集まっています。
特徴はリーズナブルな料金で美味しい自家製のフードサービスです。
カレーライス、おでん、うどん、スパゲッティなどは450円で用意。

 

また老舗雀荘だけあって提携しているお店が多く、出前のカタログラインナップが豊富です。
食事を取りながら長時間くつろげる東京エリア屈指の人気雀荘です。

 

 

有楽町 錦江荘(きんこうそう)

歴史 開業50年以上
住所 東京都千代田区有楽町1-2-10 錦ビル3F・4F
アクセス 丸ノ内線銀座駅 C1出口より徒歩3分、日比谷駅、有楽町駅からも徒歩圏内、日比谷シャンテ 帝国ホテル 宝塚 近く
定休日 日曜・祝日休み
営業時間 10:00~24:00
URL http://kingkoh.co.jp/

 

老舗雀荘は初心者が入りにくい所が多いですが、錦江荘は時代の変化に柔軟な対応をして初心者からの人気も高く麻雀の振興に大きな貢献をしています。
3階と4階の2フロアで完全分煙を行い、女性向け初心者向けの麻雀教室や初心者を対象にした大会などを多数用意しています。

 

セット料金400円~、ソフトドリンク無料のリーズナブルな価格設定で、初心者~上級者まで幅広い方が麻雀を楽しんでいます。
普段は祝日休みですが、定期的に祝日に大会を開催するなど、上級者も思いっきり戦える環境も用意しています。
新規歓迎でフレンドリーに接してくれる常連客が多いので腕試しをしたい人にもオススメです。

 

 

麻雀白鷲/ニュー新橋クラブ

歴史 昭和46年~(開業47年)
住所 東京都港区新橋2-16-1ニュー新橋ビル3F(麻雀白鷲)
アクセス 各線新橋駅より徒歩2分
定休日 土曜・日曜・祝日休み
営業時間 14:00~24:00
URL http://www.majan-shirasagi.com/index.html

 

同じビルに2つの雀荘が入っていて運営会社および歴史も同じです。
どちらも昭和46年から続く老舗雀荘で、サラリーマンの街新橋で古くからサラリーマンの集まる憩いの場として人気を集めてきました。
オープン時間が遅いように、仕事の終わったサラリーマンの客が多いです。
平成10年からオーナーが変わった歴史を持っていて、ネットの普及で広がったオンラインゲームではなく対面対局の楽しさを追求しています。

 

新しい雀荘はお酒を飲めないところが増えてますが、生ビールをはじめアルコールの提供をしているので、仕事帰りにお酒を飲みながら麻雀を楽しみたいベテラン雀士が集まっています。
フリーよりもグループ客が多く、定期的に開催される大会では毎回100名以上の人が集まっています。