麻雀には基本ルールとは別に、地域ごとのローカルルールが存在します。

地域によって異なる!?麻雀のルールや慣習をクローズアップ

MENU

麻雀の歴史と地域性

 

 

麻雀は幅広い世代に愛される民衆の娯楽と言えます。
単純な運任せではなく、相手の捨て牌を読む技術最善手を計算する頭脳が必要なものです。
そうした一面が好まれてか、経営を担う役員や社長が麻雀に興じるのも少なくありません。
娯楽として楽しむのも良いですし、思考力や心理戦に強くなるメリットもあります。

 

大勢に愛される麻雀だからこそ、地域によって異なるローカルルールが生まれたのでしょう。
より白熱した戦いが出来るように、より深い心理戦が生まれるように、地域によって独自のルールがあるのです。

 

麻雀の歴史も古く、西暦1874年には麻雀が誕生していたとの説も存在します。

 

昔から今ままで多くの人に親しまれる麻雀はどのように誕生したのか、その歴史を紐解いてみたいと思います。

 

麻雀は中国で誕生した

 

麻雀をする中国人

麻雀の起源は諸説ありますが、基本的には中国で誕生した娯楽です。

 

有力な説としては1862年から1874年頃に、500年以上前からあったカードゲームと骨牌を組み合わせて誕生したとされています。

 

語源についてもはっきりした説はありませんが、麻布の上でゲームをしたことが理由の1つとなっています。

 

そして、竹製の牌を混ぜる音がスズメの鳴き声に似ていることから麻雀と呼ばれたと言うのが有力な説です。
竹製の牌であればスズメが鳴く声に似た音が出ても不思議ではありません。

 

1895年にはアメリカで麻雀に言及した記事が公開されています。
この時点で、既に麻雀は中国を渡り海外へと輸出されていたのです。
同様の記事は世界各地でどんどん見つかり、1910年には日本やフランスでも麻雀は親しまれていました。

 

日本国内に目を向けると、1900年の初めごろには夏目漱石が麻雀で賭け事を行っていたと話しています。
その後も麻雀は国内で広がりを見せ、戦争を機に一時的に衰退したものの終戦後には再びブームとなりました。

 

1980年に差し掛かると、麻雀ゲームも誕生しさらに広い年齢層へと普及して行きます。特に脱衣麻雀は絶大な人気を誇り、世の男性の心を魅了し夢中にさせました。

 

麻雀が語源の言葉

 

日常の中で何気なく使っている言葉も、実は麻雀が語源になっているのです。
ここでは代表的な言葉をいくつか紹介します。

 

テンパる

慌てた状況になった際にテンパるという言葉を使います。
このテンパるというのは、麻雀の聴牌(テンパイ)から来ている言葉なのです。
手牌が構築されて来て機が熟したのと同時に、手詰まりの状態を示すようになりました。
勝利に向けて緊張感が増すことから、似たような心理状態の時にテンパるとも言うようになったのです。

 

面子

面子は麻雀を行うのに必要なメンバーを意味する言葉でした。
その意味が麻雀に限らないようになり、必要なメンバーが足りないことを面子が足りないと呼ぶようになっています。
参加者が足りない時にこうした言葉を使うのは自然なのです。

 

安牌

安全な選択肢を取ることをアンパイと呼びます。
これも元々は麻雀の用語で、捨ててもロンを宣言されることが無い安全な牌を切ることから安全牌と言います。
確実に勝利できそうな場合、リスクの少ない選択肢をアンパイを呼ぶのが日常に馴染んでいます。

 

このように麻雀が語源の言葉が、たくさん日常の中に溶け込んでいるのです。
麻雀を知らない人でも、実は麻雀の歴史に触れていると言って良いでしょう。
ある意味、麻雀の歴史は日本にしっかりと根付いています。

 

麻雀の地域性

 

麻雀する風景

麻雀のルールには地域性が大きく関わります。
田舎に行った際に、あるいは上京した際に麻雀でルールが異なる場面に遭遇した人は少なからず居るでしょう。

 

そもそも世界中でルールが異なるのが麻雀です。

 

アメリカ麻雀と日本麻雀ではややルールが異なりますし、本場中国と比べても細かい部分でルールが違います。
麻雀が普及する際に翻訳した人によってルールが異なっているのと見るのが一般的です。

 

さらに、日本国内でも地域によってルールが異なります。
麻雀ブームになった際に、雀荘がたくさん誕生しました。
そうした雀荘が麻雀を盛り上げるために独自ルールを設けたのが地域性が出た理由という説があります。

 

代表的なのはオープンリーチです。
そうしたルールは元々なかったのですが、どこかでそれが認められた結果、ローカルルールとして成立しているのです。

 

地域によって異なるローカルルールが出来た経緯を思い浮かべれば、当時の麻雀事情が見えるかもしれません。
ローカルルールも、麻雀の歴史の1つと言って良いでしょう。